FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

椀・リフォーム

お盆です。いよいよ夏らしい暑さになって来ました。て、もう立秋過ぎましたけど。

久しぶりに椀の修理です。今回は、最後に沈金(線彫りして金属粉などで加飾)までしてリフォームしてみますね。

022_convert_20090813230235.jpg


割れや欠けている部分を補修後です。割れはまず、木地まで割れに合わせて彫り、漆を吸い込ませて刻塑(生漆、米糊に木粉を練ったもの)します。これが固まると少し凹むのでそこをまた補修。画像のグレイの部分は、凹みの止まった状態のサビ(生漆と砥の粉を練ったペースト状のもの)です。割れ部分なので少し広めに残してあります。細かい欠けもここで平らに直してしまいます。

この椀は会津の漆器で、新品からツヤツヤの、油が入った漆で塗られています。これを全体に研いで中塗りです。

046_convert_20090813230857.jpg


少し画像では判りにくいのですが、ここからは漆100%の自家精製の黒漆です。ツヤが少ないです。ゴロついているのは刷毛目です。中塗はこんな感じで速く固まる漆を使います。

ここまで出来たら次は研いでから、いよいよ上塗り準備に入ります。この上塗り準備が結構な手間なんです。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。